南風原高等支援学校

学校概要

【校長挨拶】

 県立南風原高等支援学校は「県立学校編成整備計画」に基づき、県立南風原高等学校に併設型の特別支援学校として、平成28年10月1日に「沖縄県立学校等の設置に関する条例」の改正により設置され、平成29年4月7日に開校式を迎えました。

 ご承知のように、南風原高等学校には平成22年度より沖縄高等特別支援学校南風原分教室・普通科が各学年1学級10名の定員で設置されております。これまで、南風原高校生と共に多くの学校行事をはじめとして、部活動や授業等共に学び活動して参りました。まさにインクルーシブ教育が実践されております。

 南風原高等支援学校が併設型の特別支援学校として設置されるにあたり、設置学科を分教室の普通科から産業科と改めました。これまで、南風原分教室としての7年間で培ってきた実践、実績を更に発展・拡充させるべく教育課程の編成、教育活動が求められています。1学年2学級20名でのスタートとなります。

 「自主・自律」の校訓のもと、一人一人の特性等に応じた職業教育を中心とした教育を行い、人格の形成と将来の職業自立に必要な知識・技能・態度等を養うとともに、基本的な生活習慣の形成をとおして社会自立できる人間の育成を目指しております。教育課程においては本校ならではの「郷土文化」を設置しております。琉球舞踊、エイサー、三線、空手、古武道等を学び、現在、南風原高校の郷土文化コース及び郷土芸能部と共に校外実習や公演等の活動を展開していますが、今後も継続、さらなる充実を図って参ります。「産業科」としての専門科目においてはトータルクリーニング、オフィス実務、農園芸、食品加工を設置しております。教育活動全体を通したキャリア教育を充実させ、社会的・職業的自立を図ります。

 南風原高等支援学校の新たな歴史が始まります。南風原分教室のこれまでの取り組みと、併設となる南風原高等学校のこれまでの伝統と実績を尊重し、特別支援教育の役割をしっかりと担い、インクルーシブ教育システムを推進・構築し、共生社会をめざす教育を実践して参りたいと思います。本校の教育目標達成に向けて、両校全教職員が一体となり、全力で日々の教育活動に取り組んで参ります。

 保護者の皆様、地域の皆様、そして関係者の皆様には、これからも本校の教育活動にご理解とご支援、ご協力を頂きますようよろしくお願い申し上げます。

平成29年4月
沖縄県立南風原高等支援学校
校 長 大宮 廣子


【教育目標】 平成29年度教育課程より

(1)憲法および教育基本法、学校教育法に則り、生きる力をはぐくむことを目指し、社会性と豊かな人間性、創造性及び健やかな身体を養い、調和のとれた人間を育成する。

(2)生徒一人一人の特性等を最大限に発揮させ、将来の職業的・社会的自立を図り、働く喜びと誇りをもち自他ともに敬愛する心豊かな人間を育成する。

【学校要覧】

    <校訓・校章>     <校歌>     <学校沿革概要>

    <学校経営方針>     <教育課程>    <LHR活動計画>

    <平成29年度就業体験実習年間計画>     <努力目標並びに活動計画>

【生徒数】

【H29年度】 【H28年度】 【H27年度】 【H26年度】 【H25年度】 【H24年度】 【H23年度】 【H24年度】
1年 20名 10名 8名 10名 10名 10名 8名 9名
2年 10名  9名 10名 10名 10名  8名 9名 -
3年 8名 10名 10名 10名  8名  8名 - -



【年間行事計画】

(平成29年度)        



【校時表】

(通常授業) (短縮授業) (短縮・全体清掃) (定期考査)